スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.08.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夜な夜な作業。


夜な夜な刷っています。
着々と作品が完成!
 
 


 



 

インキ作り。


シルクスクリーンで使用する色たちを作っています。
インキの色は、液体の状態の色と、紙に刷って乾いた時の色と
全く違うので、結構時間がかかります。
そして、混ぜるのにけっこうな力が入ります。
ちゃんと混ざっていないと、そこが筋になってしまうので。
色を作るのは好きです。
今夜は、練っては色を乾かしての繰り返しです。






 

超アナログ。


作業中は、キッチンからリビングまで足の踏み場がなくなります。
部屋がもっと広ければいいのにな、、、と毎日毎日思っていたら、
部屋が広くなる夢を見ました。
仕事では、コンピュータを使うことがほとんどですが、
対照的に、シルクスクリーンは笑っちゃうほどアナログです。
簡単だと思われがちですが、なかなか手強いです。
インクも、いちから作ります。
どんなことでも、気付くとすごく時間が経ってます。
時間がなくても、何度失敗しても、
どの行程も、丁寧に、心を込めて作業しています。
お手伝いにきてくれる友人たちの温かさも、
そんな全部が作品に伝染しますように。


 


 


 

ブルーのインク。


初めての個展は、
シルクスクリーンという版画技法で出展しようと思ってます。
学生の時に一番楽しかった授業でした。
そして、色を自分で作れるところと、
どんなものにもプリントできるのが特徴なので、
自分の好きな紙を選び放題なところでシルクスクリーンを選びました。
経験が浅いうえ、自宅をアトリエに改造したり、機材を作ったのもあって、
全ての行程で失敗を繰り返しすぎて、シルクのこと考えたくない日もしばしば。。。
こんなに手間がかかるものとは。
大きな作品を刷るときには、力もかなり必要です。
一日作業した日は、ヘトヘトなのでぐっすり眠れます。
インク一つとっても、なかなか時間がかかります。
色味はもちろん、色の透明度や、堅さ、、、
こだわり方満載です。
はっきり言って、
このブルーインク、作るのに1時間かかってます。
甲斐あって、
想像以上に素敵なブルーになりました。
お手伝いに来てくれる友達も、
最後の版を刷って、完成した作品を手にしたときは、
ぐっとくるようです。
一緒に達成感を味わえて、すごくうれしいです。
また仲良くなれました。
ありがとう。
この達成感のお陰で、今まで仕事を続けてこれたんだなって
思います。
上海だけでなく、日本でもいろんな人に
見てもらいたいなと考えてます。


 

<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM